歯周病、審美、インプラント 治療なら

医療法人社団エストエストデンタルケア

〒028-3615 岩手県紫波郡矢巾町南矢幅8-100-10
東北本線「矢幅駅 東口」より徒歩10分

診療時間:9:30〜13:00/14:30〜18:30
※土曜日:9:00~13:00/14:00~16:00

019-681-2299

休診日

水曜・日曜・祝日 

口腔がん検診

Oral Cancer Checkup

口腔がん検診

知っていますか?「口腔がん」

  • 日本では白血病より罹患者数が多い病気です。

  • 年間7000人が口腔がんにかかり、そのうち3000人が死亡しています。

  • 先進国で唯一、日本だけが罹患者数が増え続けています。

  • 肺がんや大腸がんなどと一緒で、進行すると命にかかわります。

  • 早期に発見し初期段階で治療を行えば、十分に治療が見込めます。

  • 初期の場合、口内炎や歯周病と間違われやすい特徴があります。

口腔がんの5年生存率は60-80%と言われています。

初期段階のうちに発見すれば簡単な治療で治す事ができ、後遺症もほとんど残ることはなく、5年生存率は90%以上との報告もあります。しかし進行した口腔がんでは、手術により舌やあごの骨を切除してしまったり顔が変形したりすることがありそのため食事や会話が困難になり、日常の生活に大きな支障を残すことになります。

だからこそ、早期発見が重要になります。

痛みの少ない初期段階。痛みが出たら【要注意】

痛みの少ない初期段階。痛みが出たら要注意!

口腔がんの自覚症状で最も多いのが「口腔内の痛み」です。
その他、しこり、腫れ、ただれ、出血、歯茎のぐらつき、口臭などが挙げられます。
しかし初期段階では痛みが少なく、痛みが出てきた時にはすでに進行しているケースが多く、舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎などの症状が出たら要注意です。

少しでも不安を感じたら、検査を受けることをオススメします。

年に1回は口腔がん検診を受けましょう

口腔がんは初期段階では痛みなどの自覚症状が少なく、見つけにくい特徴があります。

発見が遅れれば顔が変形してしまうほど大きな手術になることも…
最悪の場合命に関わる病気ですので、定期的な検診を推奨しております。

口腔がんのステージ・症例

口腔がんのステージ・症例

オーラルIDによる症例

検診方法・費用について

当院の口腔がん検診は、ほとんど痛みを感じることのない正確性の高い検診です。

1.オーラルIDを用いた検査

最新の口腔がん検査機器である オーラルID(Oral ID)を用いて、癌細胞など特異的な細胞に反応する特殊な光を当て検査します。

疑わしい部位をスクリーニング検査します。

身体にとっての負担は全くありません。

2.液状細胞診

患部をブラシで擦って表層の細胞を採取します。
採取した細胞を信頼性の高い検査機関に検査を依頼します。

およそ10日ほどで検査結果が出てきます。

ほとんど痛みがなく、正確な診断ができます。

検査費用

1部位 ¥4000(税別)

検査の流れ

問診

生活習慣について、口頭で問診させていただきます。

視診・触診・写真撮影

経験豊富なDrによる、視診/触診を行い、ガン検診の必要があるかチェックを行います。
オーラルID・液状細胞診検査でより正確な状態を調べます。

検診後の結果説明

約10日後に検査結果を報告します。
その後処置やケアについてアドバイスさせて頂きます。

定期検診

定期的に検診に来ていただくことを推奨しております。